カノープス
カノープスは、シリウスに次いで全天で2番目に明るい恒星です。 位置が南方の高赤緯にあるために、南中時でも地平高度が低く、日本から見ることの難しい星とされています。 北限は福島県,山形県付近ですが、南国の鹿児島では南中時に6度ほどとなり観察しやすくなります。
カノープスは、冬から春先にかけて観察しやすくなりますが、この写真は、9月の明け方に撮影されました。 左上の輝星はシリウスです。

カノープス

カノープスの位置
○印がカノープス

撮影日:2017年9月19日 05h05m 20秒露出
カメラ:Canon EOS M5 絞りF3.5
レンズ:Canon EFS18-55mm F2.8
撮影地:鹿児島県南九州市知覧町
撮影者:佐伯和久(鹿児島県天体写真協会)



ホームへ戻るギャラリーへ戻る
ホームへ戻るギャラリーへ戻る