プレヤデス星団/すばる(M45)
M45星団(プレヤデス星団)は、日本では「すばる」とも呼ばれる美しい星の集団です。肉眼でも 6〜7 の星を数えることが出来ます。 このように星をばら撒いたような集団を「散開(さんかい)星団」といいます 410光年(光のスピードで410年かかる距離)もの遠方にありますが、それでも散開星団の中では、太陽系に近い存在です。星の周りがにじんで見えるのは、星を取り囲む星間ガスが星に照らされているためです。散開星団は、星間ガスの濃いところから誕生します。


プレヤデス星団/すばる

上田聰さんのコメントより
気温は-4℃でした。風も無く撮影状況は良かったのですが、水蒸気が地上付近に舞い降り、 低空は何となくすっきりした夜空ではありませんでした。カノープスの光芒がいつにもなく、 ねぼけたように見えていました。

撮影日時:2017.1.16 19時24分〜21時47分
露出:5分x26枚コンポジット
カメラ:Canon EOS6Dボディ, ISO:1600
望遠鏡:13cm屈折望遠鏡(焦点距離910mm) 
撮影地:鹿児島県霧島市牧園町 三体堂観測所
撮影者:上田 聰(鹿児島県天体写真協会)


プレヤデス星団/すばる

西健一郎さんのコメントより
 快晴の天気に恵まれましたので,出掛けて撮影しました。 HR=10程度?の流星が見られ,天頂付近でSQM=21.3の空でした。 M42付近は人工衛星が頻繁に通過するので,撮影が悩ましいです。

撮影日時:2016.11.25 22時03分,27分
露出:61秒+121秒+137秒を加算合成
カメラ:Canon EOS Kiss X7i, LPR-Nフィルター使用, ISO:3200
望遠鏡:MT-160+レデューサー使用
ステライメージ7にて明るさ・コントラストを調整
撮影地:薩摩川内市入来町国立天文台VERA観測所付近
撮影者:西 健一郎(鹿児島玉龍高校,CAN,鹿児島写真部)


ホームへ戻るギャラリーへ戻る
ホームへ戻るギャラリーへ戻る