概要ロゴ

薩摩川内市せんだい宇宙館の理念と特徴

Top View ■体感宇宙!■
薩摩川内市せんだい宇宙館は、天文台と展示施設の融合した体験型の天文施設です。テーマは「聞く」「見る」 「触れる」「考える」「動かす」。50cmカセグレン式反射望遠鏡や、各種展示施設を併せ持った 天体観測施設は、県内はもちろん九州でも屈指の規模を誇ります。

■宇宙との出会いふれあい■
 薩摩川内市せんだい宇宙館には最新の映像機器が満載。従来には無い新しいコンセプトの天体観測施設です。 展示室内には、250インチの大スクリーンも設置。ここには、天文台からの生の映像も 上映できます。
天体観測は晴れた日にしかできません。しかし、宇宙館なら天候の悪い日でも展示室を お楽しみいただけます。いつ来て頂いても宇宙との出会いが待っています。
発見と感動にあふれた、宇宙夢空間を体験し、宇宙の存在を身近に感じてください。

■名付け親は小学一年生■
 薩摩川内市せんだい宇宙館の名付け親は川内市立可愛小学一年生(当時)の杉薗朗子(すぎぞのあきこ)ちゃん。 開館に先立って、館の名前を一般公募したところ、総数117点の中から朗子ちゃん の名称が選ばれました。
 右の写真は、橋口館長(当時)と宇宙館のシンボルのアトラス像の前で。('98.04.30)


施設案内
■各階のご案内■
Top View
フロア室 名床面積(平方m)
2 階観測室,展望所,倉庫 等66.24
1 階受付,事務所,エントランスホール
お手洗い
316.09
地下1階展示室,倉庫 等292.85
地下2階機械室,電気室,倉庫 等113.68
総床面積 / 788.86(平方m)


見取り図
薩摩川内市せんだい宇宙館は、外観は宇宙船を模しています。この宇宙船の排気口が館の入り口です。
エレベータを使用すれば、入り口から展示室や観測室へ段差なく通行することができ、お年寄りや 障害者へも配慮した造りとなっています。


館長からのメッセージ
 薩摩川内市せんだい宇宙館へようこそ。館長の早水勉です。
せんだい宇宙館は、小さなお子様からお年寄りまで、多くの市民の皆さまに星空の美しさ,壮大な宇宙 の営みを伝えるための施設です。本物の天体の観察を通して自然観を養い、心豊かな人間形成に資する ことが最も大事な使命です。「晴れていれば毎日が観察会(休館日を除く)」 こんな天文施設は全国でも意外と少ないものです。明るい星ならば昼間でも観察できるのですよ。
安らぎとともに楽しみながら自然と宇宙のことを学ぶことができる、そういう空間作りをスタッフ一同 の心をこめて提供いたします。
 皆様のおこしを、心からお待ちしております。


設立の経緯
■事業年度■
(1)平成7年度 基本構想計画作成
(2)平成8年度 建設設計・展示設計・地質調査
(3)平成9年度 建設工事・展示設備工事・園路舗装工事・備品購入

■事業費■
(1)  総事業費               563,460,000 円
(2)  財源内訳   補助金      522,977,000 円
                 基本利子      2,186,000 円
                 一般財源     38,297,000 円
(3)  補助金名称等
          国(資源エネルギー庁:原子力発電施設等周辺地域交付金)
          県(原子力発電施設周辺地域地域特別対策事業補助金)

薩摩川内市せんだい宇宙館の経緯度(世界測地系/2002年4月改正測量法準拠)
東経:130度20分23.34秒
北緯:  31度49分26.43秒
標高:248m

ホームへ戻る宇宙館のホームへ戻る