ホームへ戻る 「2021天文現象」へ戻る
ホームへ戻る 「2021天文現象」へ戻る
前のページへ戻る 次のページへ進む
前のページへ戻る 次のページへ進む
2021年に見られる主な天文現象

11月08日 金星食
(鹿児島では、月と金星の大接近)


月が惑星を隠す天文現象を『惑星食』と言います。 11月8日午後2時ごろ、月が金星を隠す『金星食』を本州以北で見ることができます。 昼間の天文現象ですが、天体望遠鏡を使えば観測できます。
残念ながら鹿児島では、金星食になりませんが、月と金星の大接近を観測できます。
『惑星食』は、珍しい天文現象のひとつです。

※ 左図は薩摩川内市における 14時00分頃




11月8日本州以北では、『金星食』になりますが、 福岡県北部付近では金星が部分的に月に隠される、珍しい『金星の部分食』が観測できます。

※ 左図は北九州市における 14時00分頃