newsロゴ

2018.1.31 「皆既月食」を丸ごと全部観察しよう


2018年1月31日(水) 全国で皆既月食が見られます。 宵から深夜にかけて、欠け始めから満月に戻るまでの全過程を見ることができます。 皆既月食が日本で見られるのは2015年4月4日以来約3年ぶりで、次回は半年後の 2018年7月28日 となります。 今回の月食は、観察のしやすい夜半前に起こります。
この好条件の皆既月食を宇宙館で観察しませんか。開館時間を深夜24時30分まで延長してご案内します。

月食は、太陽、地球、月が一直線上に並び、地球の影の中に月が進入する現象です。 地球の影に入るにつれて、月は徐々に暗くなりますが、真っ黒にはならず赤味を帯びた色に染まります。 これは、地球に大気があるためです。
太陽の光は地球の大気を通過する際に散乱されにくい赤い色だけが残ります。 さらに、大気の屈折により赤い光は影の内側にまで曲げられて、月をほんのり赤く照らすのです。
月が地球の影に完全に入った状態を「皆既」といいます。 今回の月食は、欠け始め(20時48分),皆既(21時51分〜23時08分),全過程の終了(24時12分) までを丸ごと観察することができます。 月食は色の変化の美しい天文現象です。スケッチをして記録してみましょう。

関連のページ
 2018年に見られる主な天文現象/ 1月31日 全過程の見られる皆既月食


■ 2018年1月31日 皆既月食の予報 ■
時 刻
欠け始め 20h 48m
皆既始まり 21h 51m
食の最大 22h 30m
皆既終わり 23h 08m
食の終了 24h 12m
月食の原理 (クリックで拡大します)



月食は なぜ赤い?
前述のよう、月食の場合、月は真っ黒にならず赤味を帯びて見えます。これは地球に 大気(空気の層)があるからです。下図のように、赤色の光は大気で屈折しても散乱しにくい性質があり、月面に入り込んで きます。しかし青色の光は屈折しても大気中で散乱してしまい、月面まで届きません。月食時に赤味を帯びて 見えるのはこのためです。

ちょっと話がそれますが、昼に空が青く見えるのは、これも光の性質によるものです。 青い光は大気中で散乱しやすいために、空全体が青く見えるのです。

赤い光は散乱されにくく遠方に届く青い光は散乱しやすく本影の中に侵入しない



■ 1月31日(水) 20:30〜24:30 皆既月食観察会 ■

せんだい宇宙館では、この皆既月食の観察会を計画しています。

薩摩川内市民まちづくり公社「キラキラ寺山事業」
薩摩川内市立少年自然の家 共催

日 時 :2018. 1月31日(水) 20:30 〜 24:30(最終受付 23:30)
ところ:せんだい宇宙館 2階観測室
内 容 :皆既月食の観察
     天体望遠鏡と双眼鏡を多数用意
      双眼鏡をお持ちの方はぜひご持参下さい。
     お手持ちのデジカメで撮影しよう
     月食の経過をスケッチしよう
      月食は色の変化の美しい現象です。スケッチ用紙を用意しますので、 色鉛筆,クレヨン 等をご持参下さい。
申込み:不要 直接 当館にお越しください
参加料:せんだい宇宙館入館料
※ 天候不良時は観察会は中止します


2014年10月8日の皆既月食のようす


■ 月食のスケッチ用紙 ■
月食の観察記録用にスケッチ用紙のデータを用意しました。月食は色の変化の美しい現象ですから、 色鉛筆などで記録してみましょう。

  月食のスケッチ用紙ダウンロード (PDF:65KB)
上のリンクから右クリックで、「対象をファイルに保存」としてください。A4サイズのPDFデータを得ることが出来ます。 画用紙などに印刷してご利用ください。


■ 最近の月食(参考資料) ■
2015年 4月 4日前回の皆既月食。日本で全過程が見られた。
2017年 8月 8日部分月食。未明から明け方に日本で見られた。
2018年 1月31日今回の皆既月食。日本で全過程を見られます。
2018年 7月28日次回の皆既月食。


■せんだい宇宙館■
お問合せ先 〒895-0005 鹿児島県川内市永利町2133番地6 寺山いこいの広場地内
TEL:0996(31)4477 / FAX:0996(29)2112
ご入館料 大人:500円,小中学生:300円

EVENTメニューへ戻る
EVENTメニューへ戻る